ニキビケア用スキンケア - ニキビケアしてニキビ対策

おでこニキビ、あごニキビや大人にきび対策のニキビケア法。

ニキビケア用スキンケア

作成 by ゆみ

お肌にできる吹き出物をニキビといい、面皰ができるのを予防したりニキビが出来た時のニキビ対策や、出来にくくする等、ニキビケア用スキンケアは、用途に応じたニキビケアが大切です。

にきびのでき方は千差万別です。

10代くらいから増えはじめ、たまにできる程度という人もいれば常ににきびだらけという方もいます。

にきびケアに失敗してにきびを悪化させてしまったという人も案外と多く、肌タイプに合わせたにきびの処置は意外と大変です。

肌のコンディションやにきびの状態でもにきびケアの結果は変わりますので、人の言葉をた盲目的に信じ込むだけでは適切なケアにならないかもしれません。

 

ニキビができる理由

思春期に多いにきびは、皮膚からの脂質の分泌が過剰なために雑菌が増えて起きると言われています。

10代はホルモンが盛んに分泌されるため、にきびかできやすい年代でもあります。

大人にきびと言われる20代からのにきびは、肌の乾燥からくる肌荒れが関わっています。

20代になると肌の老化も始まるので、老化も原因の一つと考えられています。

 

アクネ菌についての知識を持つこともにきびケアにいいようです。

アクネ菌とはにきびの原因の一つとされており、普段から毛穴などに存在しています。

アクネ菌は皮膚に分泌された皮脂成分に作用して増殖し、赤にきびを作ります。

赤にきびをケアせず放っておくと、膿が出てくることがあります。

無理やりにはがしたりすると、傷になり最終的にはにきび跡と呼ばれる、傷が残ってしまう事になります。

にきびケアに大事なことは、できたニキビを下手に刺激しすぎず、にきびの原因を元から排除するようにすることです。